読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー独身男のナンパ婚活ブログ

30代独身男じゅんやの株式投資と結婚活動ナンパ報告ブログ

ワキガ手術、脇汗、多汗症治療、体臭、口臭対策で有名な五味クリニック五味常明先生の本書評

書評 美容

前回ワキガ、すそわきがの事で記事を書いたら、
結構悩んでいる人も多く、また専門家の人達からも反響あり、これは適当なことを書けないと思い、
ワキガ手術の第一人者、五味クリニック五味常明先生の「デオドラント革命」という本をAmazonでポチって購入した。

f:id:jyunya78:20160603091300j:plain

というわけで、久しぶりに書評書きたいと思う。

プロの情報に自分の考えを入れていく形になるので、
前回よりは正確性と信憑度が増しているはず?

この書評が多汗症、体臭、加齢臭、ワキガ等、臭いの悩みを持つ人が、
より深く体臭のことを知り、正しい対策をするきっかけの、お役に立てると嬉しい。



容姿の悩みコンプレックスより辛い臭いの悩み

f:id:jyunya78:20160605054924j:plain
容姿と違い、臭いは人に迷惑をかけてしまう場合が多い、それゆえ学校、会社、社会でもイジメの原因になったり、つらい思いをしている人、自己嫌悪で苦しんでる人の数は比にならない。
一昔前まではネットに引きこもるという選択もあったが、SNS社会のつながりにより、ネットからリアルへの流れが加速、ネットの引きこもりは孤立し寂しい思いで苦しむ事から逃げられなくなった。
この本では生活臭、自己臭からの解放で豊かなリアル人間関係を気づいてもらうのが目的という事がかかれている。

婚活、恋愛、ナンパをする人間にとってはありがたい話だ。

心療外科という新しい医学分野を提唱された先生なだけあって、悩みを持つ人の心に寄り添ってある。


さて、続きを読み進めていこう。

臭いは身体全体が発生源

空気のように、つかみどころのない臭いの発生源、原因を探る。

【頭の匂い】

皮脂腺が特に発達している部位で、いつも「皮脂」という油が活発に分泌されている。
また頭髪は、周りのニオイ分子を吸収しやすいので、タバコをよく吸う人は、ニコチンの臭い、動物を飼っている人は動物の臭がする。

予防法:よく洗うこと。洗いすぎてキューティクルを傷つけるのは注意。


「フケ症」ストレス、お酒の飲み過ぎ、睡眠不足、刺激物のとりすぎで新陳代謝の周期が短くなり、フケが多くなってしまう。

予防法:イオン枕や磁気マットで快眠にする。
枕 安眠 磁石入り マクラ 脱臭 吸湿 防ダニ 快眠グッズ(活性炭枕)

ハゲの原因となる脱毛フケ対策は、センブリやプラセンタエキスの入った育毛剤が良いとのこと。
スカルプケア薬用リンスインシャンプー 400ml★毛穴洗浄×頭皮ケア

フケを少なくすることで、悪臭対策、老化予防にもなる。

【耳の匂い】

耳のニオイで病気が見つかる。
耳から臭がしている場合は、耳だれなど病気の可能性がある。
すぐに耳鼻科に行き診てもらったほうがよいとのこと。

【鼻の匂い】

いわゆる蓄膿症、膿汁のため、強い匂いを発する。
しかし、鼻に延焼ある場合は、嗅覚が減退しているので、本人は気づかない。
蓄膿症の人は、鼻がつまり口呼吸をすることが多いので、唾液が乾き、口内の自浄作用が低下し、強い口臭を発する場合があるとのこと。

【口の匂い】

口臭は様々な原因がある。
誰もが臭いを放つ可能性のある口臭を生理的口臭というらしい。
例えば朝起きた時の口臭などが、それに当たる。
空腹時、食欲不振児、神経の長時間の緊張、女性の生理時、老人性の唾液現象、唾液腺疾患、ストレスも唾液量が減少し、口臭の原因になる。

食後にお茶や紅茶で口をゆすぐことで、多少口臭対策になる。
うがいだけでも十分口臭対策になるが、どうしても気になる人は、
市販の洗口剤を使い口をゆすぐとよいとのこと。
コンクールF

【脇の下の匂い】

悪臭の代表となるのがこの、脇の下のにおい、ワキガ。
脇の下には、アポクリン腺(大汗腺)と呼ばれる分泌腺が集まっていて、このアポクリン腺からは特殊な匂い物質が分泌される。
本来は異性を惹きつけ、性欲を高める臭い。
アポクリン腺は、脇の下、生殖器周辺、肛門周辺におおく、乳首、まぶた、唇周辺、体毛が密集している部分に多いのが特徴。

清潔にすることで、少しは臭いを抑えられる。

生殖器、陰部の匂い】

女性の場合はスソワキガの他に、カビの一種による、カンジダによる、膣炎やトリコモナスという原虫による膣炎によっても悪臭を放つらしい。

すそわきが対策についての過去記事
jyunya78.hatenablog.com

【足の匂い】

通気性の悪い靴下を履いたり、ホコリが溜まった汗が染み込んだ靴をはくと、特殊な臭がする。

足の多汗に悩む人の性格

足が臭い人は優しい人が多い?


足の多汗に悩む人には共通の性格があるらしい。
それは「真面目で完璧主義、負けず嫌いの努力家、そしてかなりの恥ずかしがり屋で思いやりある人に多い」

というのも、「汗」が多く発生するのは、外向きの性格と内向きの正反対の性格が衝突した時であり、緊張して汗をかくということは、そもそも相手のことを大事に思っているから。
目の前の人間を尊重するあまり緊張して汗をかく、足が臭うのは優しさがあふれた結果ということらしい。



このように、人間は頭のテッペンから、つま先まで、いたるところに臭いの発生源がある。

まずは臭いで苦しむ人の心に寄り添い、それから対策改善方法を教えているのが、この「デオドラント革命」という本の特徴だった。

さらに詳しい解説を知りたい人はこちらどうぞ。

デオドラント革命―新版・体臭多汗の正しい治し方

デオドラント革命―新版・体臭多汗の正しい治し方



医学博士 五味常明(ごみ つねあき)先生とはどういう人?

五味クリニック院長
http://www.gomiclinic.com/
mixiライフライン、そーせいグループ株など大量保有報告書が出してて会社四季報の大株主にも名前が載ってる推定数十億以上持ってる投資家五味大輔さんもお医者さんらしいけど、関係はあるのかな??

日本診療研究会代表
http://kanrishikai.jp/

体臭・多汗研究会所長

高齢者デイサービス「ゆうゆう」代表

1949年、長野県生まれ、一橋大学商学部昭和大学医学部卒業・昭和大学形成外科等で形成外科学、および多摩病院精神科等で精神医学を専攻。患者の心のケアを基本にしながら外科的手法を組み合わせる「心療外科」を新しい医学分野として提唱。体臭・多汗治療の現場で実践。ワキガの治療法として、患者が手術結果を確認できる「直視下剥離法(五味法)」を確立。TVや雑誌でも活躍中。99年からは、ケアマネージャー(介護支援専門員)として、デイケア事業や、高齢者介護の現場でのニオイのケアにも取り組む。

他の著書に「もうニオイで悩まない」「もう汗で悩まない」「楽しくなければ介護じゃない」「介護・臭いで困ってませんか」「40代からの気になる口臭・体臭・加齢臭」などがある。

新・もう汗で悩まない―「汗博士」による多汗治療の最前線

新・もう汗で悩まない―「汗博士」による多汗治療の最前線


多くの人が、生活臭の悩みから解放される事を心より願う。


足臭の事書いていて気になったので、
来週にでもスニーカーの記事を書きますね。

その時は、また、訪れてくれると嬉しい。
_(._.)_